2020年7月23日 (木)

楽天UNLIMIT

IIJmio から 楽天UNLIMIT に移籍する。

これまで、家族3人がIIJのファミリーシェアプランにしていたのだけれど、私は楽天、残り2人はUQに移る。
UQだと通信料のシェアができないけれど、これまでの使用履歴から見ると3GBで不足しないはず。不足しそうなら+1000円だして10Gのコースにすればいい。

移籍しようと思ったきっかけは、3つ。

  • 楽天は1年無料だから。
  • IIJの昼休みの遅さに我慢できなくなってきた。
  • 使用中の端末が2014年モデルで買い替えしたいと思っていた。
    んで、楽天の安い端末ならほぼ全額がポイントバックされるのでちょうどよかった。

安く手に入る端末では、OPPOとかGALAXYの方が性能はいいかもしれないが、いま中国や半島の製品は使いたくない。なので台湾(日本)のシャープ端末にした。 Aquos sense3 lite というやつ。楽天モデルとして外カメラが1つに減らされた廉価版。カメラもSoCもいまいちっぽいが、気にしない。

一年後にはUQに移るんで、その時に必要なら買い替える。

2019年1月15日 (火)

減量

メタボである。

コレステロール値もヤバい。

いままでは、生活習慣病? なんぼのモンじゃい なスタンスだった。

でも、さくらももこ が死んで怖くなった。同世代なのだ。

唐突に、「健康体を取り戻す」と決意したのは、昨年10月のこと。

さて、どうなったか。

2018年9月 9日 (日)

ケースを買ってきた

PS4のカラオケ遅延対策に作ったエコー基板装置。段ボールケースでは強度が足りないので、ケースを交換する。

タカチのYM-100を持っていたがギリギリ入らなかったので、YM-130ってのをここで注文した。

でも、ダイソーでちょうど良さそうなケースがあったのでこれ(写真)も買った。基板の幅は99㎜。店舗の物差しで寸法を測るとケース外寸が幅で100mmちょいだったので行けると思ったのだが、自宅で内寸を測ると98mmしかなかった。入らねーよ。

負けたままでは悔しいので、ケース内側に溝を掘って無理やりねじ込んだ。

IMG_20180905_195638

IMG_20180909_191506

マイクはSONYの定番、ECM-PCV80U。ケースが透明なのは良いのか悪いのか。ケース代108円は安上がりだったが、注文したYM-130(648円)や送料無料にするためについでに買ったYM-150は今のところ出番がない。まぁいいや。

タカチのケースを買った店は、来月から値上げに加え、送料無料jの条件も厳しくなるそうだ。悲しい。

2018年9月 4日 (火)

PS4のカラオケ遅延対策

PS4のJoysound や DAM でカラオケをすると、自分の声がかなり遅れて鳴るので歌いづらいし気j持ちが悪い。

マイクをPS4に繋げず、外部のカラオケ用アンプに入力すれば遅延を解消できるが、採点機能が使えない。そもそもカラオケアンプなんか持っていない。

そこで、採点もできて遅延もない方法を考えて作ってみた。なんてことはない、マイクを分岐して、USBのマイク入力とエコー基板に分岐するだけ。格安を心がけたので、チープな感じは否めないが、これでもきちんと動作する。

ケースは暫定で段ボール製。プラグの抜き差しを繰り返すと崩壊するので、作り直しは必要。写真の緑色の基板がUSBオーディオアダプタを分解して取り出した基板。前面パネルのφ3.5ジャックを基板のマイク入力に接続している。

赤い基板はマイク入力にエコーをかけて、オーディオ信号とミックスする「カラオケ基板」。USBアダプタのオーディオ出力とマイク入力をこの赤いカラオケ基板に接続している。このため、出力される音声には遅延が無く、PS4にもマイク信号が入るので採点もできる。使用上の注意としては、PS4の設定でマイクの再生音量をゼロにすることくらい。基板の電源はUSBから取る。

PS4に接続すると、PS4の音声は自動的にUSBからの出力に切り替わるの。(自動切り替えはOffにもできる)

IMG_20180904_204557

IMG_20180904_204618

2つあるボリュームは、マイク音量とエコーの強度の調整用。マイク音声とカラオケ音声はミックスされて背面のφ3.5ジャックから出力されるので、これをオーディオアンプにつなげれば、歌声に遅延も無く、採点機能も有効な快適なカラオケ環境が得られるのである。

材料代は以下の通り。

USBオーディオアダプタは110円、カラオケ基板キットは480円、φ3.5ジャックは1つ20円ほど。あと、USBの5Vをカラオケ基板用の9Vにステップアップする電源基板が200円ほど。今のところ材料代は1000円以下である。すべて eBay で購入した激安パーツ。今後ケースを作り直すので恐らくそれが一番高いパーツになると思う。

なお、マイク信号をこの基板のどこにつなげるかが、キーポイントというか課題である。

PS4用のマイクはECMなので、基板から電源が供給される。カラオケ基板は5V、USBアダプタは1.5Vくらいのマイク電圧になっていた。これをそのままつなげてしまうと良くないと思うので、少し改造する必要があるのだが、ここではその方法は紹介しない。でたらめやっているので、まねされてトラブルと困るからである。

2017年3月11日 (土)

バレンタインデー

2月14日に、ちょっと膨らんだクッション封筒が届いた。差出人は見知らぬ女性の名前。

チョコレート!? とちょっとテンション上がったが、すぐに気が付いた。

 

オークションでCDを落札したんだった。

 

大きさが程よいし、バレンタインデーだし、女性の差出人だしで誤解しても仕方がないさ。

買ったのはこのCD。明らかにオタク向け。アイドルマスターシンデレラガールズですな。

デレステでこの曲聴いて、無性に欲しくなったのでiTunesやMORAを探したけどダウンロード販売はされてなかった。仕方なくオクで落札したのだった。まさか出品者が女性とは思いもしなかったよ。

 

 

しばらくブログ更新していないので1か月も前の話題ではあるものの、保守として投稿。

2016年11月27日 (日)

顕微鏡のがたつきを直す

昇降エレベータ部分にガタがある。使用時には顕微鏡本体の自重で手前に倒れる力が働いて一方向に寄るので、使用上に大きな支障はないのだけど、気持ちが悪いから調べた。エレベータを分解すると、直動ガイドのベアリングボールが2つ足りないではないか。端の2つがなくなっているので、がたつきが発生したようだ。NCNRの中古品なので受け入れざるを得ない。

microscope_elevator1

修理には同径のボールを調達する必要がある。径を図ってみたら4㎜だったので、4㎜のボールを注文した。自転車修理用として50個入りが85円送料込みで買えた。もちろん、いつものeBayである。これを乗っけて、エアブラシ用のグリスを爪楊枝でちょんとつける。あとは組み立てておしまい。

microscope_elevator2

ところで、今回は4㎜のボールを買ったが、本当に4㎜で良かったのか という疑問もある。手持ちの測定器はホビーノギスであるから、精度は知れている。実は、インチ系のボールだった場合、3.96mmというものがあって4㎜と区別しづらい。もし、本来のボール径が3.96㎜だったとしたら、今回追加した4㎜ボールに負荷が集中して、早晩動きが渋くなってくるだろう。そのときは、全部を4㎜に替えてしまおう。

再びところで、今回は4㎜のボールを買ったが50個も入っていたので48個余ってしまった。次の修理用に6個または12個は取っておく必要があるが、残りは不要だ。

しかし、模型をたしなむ者にとってはこの金属球は役に立つのだ。この余ったボールを3つくらいずつ塗料の瓶に入れてやると、瓶を振るだけで十分に塗料の攪拌ができてしまう。実はクレオスがそれ用に5㎜のボールを売っていたりする。60個入りで400円。つまり今回余ったボールはこれの代わりにできるっていう寸法である。でも、もっと数が欲しいので5㎜ボール200個ほどを300円で注文してしまった。もちろんeBay。※写真は尼へのアフィ。

 

みたびところで、一番上の写真には青い矢印が2つある。上の方の矢印が示す部品、スペーサーのようなのだが、一体どこから出てきたのかわからないのだ。分解して組み立てたら部品が余ってしまうというギャグをしでかしてしまった。技術系の仕事をしている者としては、恥ずべき事態である。でも今回は仕事じゃないから気にしない。

2016年11月 4日 (金)

困ったな

ヤフオクで買った実体顕微鏡がさっき届いた。

困ったことに、商品写真になかった接眼レンズが付属していた。しかも2セット。何が困るって、早まってeBayで注文しちゃったんだよorz。だって、写真のものが全てっていう説明で、写真にレンズは無かったんだもの。得したと思えばいいんだよね。レンズ付きとわかっていればもっと値段が上がっていたかもしれないんだから。

顕微鏡自体はメーカー不詳とは言え動作は問題ない。会社で使っているニコンやオリンパスと比較しても悪いと感じるところはない。協和光学の接眼レンズだったので、本体も協和かもしれないな。

満足のいく買い物だった。

実体顕微鏡を落札!

勢いあまって、オークションで実体顕微鏡を落札した。

会社でニコンやオリンパスのそれを使用しているので、便利さはよくわかっている。前々から家にも一台欲しいと思ったりしていたが、ズーム付きのものは10万円を超えるのであきらめていた。

そんなことはすっかり忘れていたが、先のミンメイのように小さな模型を作るのにまた欲しくなってきて、Amazon を探検してみた。ズームなしなら一万円台であるなー、とか オークションの中古でも2万円台で落札される感じだなー、とかいろいろ調べているうちに、いつの間にかヤフオクに参戦、終了間際に熱くなってうっかり落札してしまった。

接眼レンズ無し、メーカー不詳 であるにもかかわらず、送料合わせて1.2万円くらいになった。オクは熱くなるとつい高値落札してしまうので注意が必要だ。わかってはいてもやってしまう。

足りない接眼レンズと照明は eBay で探して発注、両者で3500円くらいだったので、トータル 1.5万円強。メーカー不詳だけど、外観は6万5千円のこれ(尼アフィ注意)とそっくりなので、まぁお買い得だったと考えよう。

レンズは eBay の香港業者に頼んだので、到着まで3週間くらいかかるだろうからしばらくお預け。とりあえず会社のレンズ借りてくるかな。

 

ちなみに eBay で探すと、同じ形状のものが新品で2.5万円くらい(送料込み)で売られているのを見つけてしまったが、気にしない気にしない。

2016年10月 8日 (土)

リンミンメイのプラモデル

最初のマクロスのヒロイン、 リン・ミンメイのプラモデル (Amazonアフィリンク) を作った。

スケールは1/20なので、身長8cmといったところ。このキットは約3000円もするのでコストパフォーマンスは悪いけど、造形はなかなかなもの。パーツ分割もされてるので、塗り分けに苦労することはなく、作りやすい。

Lynn

色分けされたパーツなので塗装しなくてもそこそこの出来栄えになるけれど、やっぱりきっちり塗装してあげた方がぐっと良くなる。

塗装レシピ

  • 髪:シェードとしてクリアオレンジを軽く吹いて、上からウルトラマリンブルー2(ガイア)。スーパークリア艶消しでマットに。
  • 肌:ガイアのサフレスフレッシュピンクで軽く陰影付け。基本はプラ素材のまま。
  • スカーフとリボン:蛍光ピンク+白でピンク色を作成。シャドウにマルーンを薄く吹いてからピンク上塗り。
  • ブーツと手袋:蛍光ピンク+白+ダイヤモンドシルバーでパール塗装。
  • 服の上半身:薄い水色でシャドウを作って、パールブルー+白でコーティング。光沢仕上げ。
  • スカート:薄いピンクで車道を作って、ダイヤモンドシルバー+白でコーティング。こちらも光沢。

この服はワンピースに見えるんだけど、YouTubeで動画を見てみると、上半身は青系で陰影付け、スカートはピンクの陰影だったのでそれに合わせて色を変えてみた。色はもう少し薄くてもよかったかも。光沢のパール塗装は自分としては正解。ステージ衣装っぽくなって良い感じ。

私の塗装スキルはせいぜいプライズフィギュアレベルで低いけど、自分で仕上げた満足感は高い。ミンメイ可愛いよ。

2016年9月20日 (火)

2600 mAh モバイルバッテリーで

2600 mAh のモバイルバッテリーで、なんと 8.5 日も回り続けた。思っていたより長持ちしたな。USB化したターンテーブルの話ね。

市販品だと、単4アルカリ一本で60日動作とかあるんだね。写真ははアマゾンアフィリンク

«ソーラーターンテーブルのUSB化